【GAS】Google Apps Scriptでメッセージボックスを使ってデータの入力を行う方法

  • 2021年6月3日
  • 2021年8月20日
  • GAS
  • 3071View

使い方について

基本的にはGoogle Apps Script の単体ではなく、スプレッドシートなどのサービスで動作をさせます。

実行する際はスプレッドシートに紐付けたGoogle Apps Script Project を利用してください。

インプットボックス

インプットボックスはモーダルを表示させると同時にテキストボックスに入力された内容を返り値として取得することができます。

インプットボックスのみ

Browser.inputBox("inputBox");

OKボタンを指定する

Browser.inputBox("inputBox_Button[OK]", Browser.Buttons.OK);

OKボタンとキャンセルボタンを指定する

Browser.inputBox("inputBox_Button[OK_CANCEL]", Browser.Buttons.OK_CANCEL);

YESボタンとNOボタンを指定する

Browser.inputBox("inputBox_Button[YES_NO]", Browser.Buttons.YES_NO);

YESボタンとNOボタンとキャンセルボタンを指定する

Browser.inputBox("inputBox_Button[YES_NO_CANCEL]", Browser.Buttons.YES_NO_CANCEL);

タイトルを指定する

Browser.inputBox("Title","inputBox_Button[OK]", Browser.Buttons.OK);

ボタンは例として「OKボタン」を指定していますが、これ以外でも実装が可能です。

メッセージボックス

メッセージボックスでは、入力が無いモーダルが表示されます。

データの表示や、エラー表示に使うとわかりやすいです。

メッセージボックスのみ

Browser.msgBox("msgBox");

OKボタンを指定する

Browser.msgBox("msgBox_Button[OK]", Browser.Buttons.OK);

OKボタンとキャンセルボタンを指定する

Browser.msgBox("msgBox_Button[OK_CANCEL]", Browser.Buttons.OK_CANCEL);

YESボタンとNOボタンを指定する

Browser.msgBox("msgBox_Button[YES_NO]", Browser.Buttons.YES_NO);

YESボタンとNOボタンとキャンセルボタンを指定する

Browser.msgBox("msgBox_Button[YES_NO_CANCEL]", Browser.Buttons.YES_NO_CANCEL);

タイトルを指定する

Browser.inputBox("Title","inputBox_Button[OK]", Browser.Buttons.OK);

 

ボタンは例として「OKボタン」を指定していますが、これ以外でも実装が可能です。

今回紹介したコード以外について

Googleが用意していくれている公式リファレンスを参考にしました。とてもわかりやすいものになっています。

Google Developers

全編が英語である点や、オブジェクト指向の理解が浅い状態では、うまく利用することが難しいです。

本ブログでは、今後もGoogle Apps Scriptのリファレンスの解説や、学び方・ツール作成について発信していきます。

ご興味ある方はお気に入り登録などお願いします。

最新情報をチェックしよう!